教材サポート

もっと数学の世界

時事ニュース・ダイジェスト

月刊最新時事問題

英語朗読コンテスト

月刊最新時事問題

身の回りの出来事から国際情勢まで、教科書には載っていない世の中の動きをまとめています。
教科横断的な授業や総合的な学習の時間を始め教科学習においても時事の知識やその活用は授業をサポートする有効な教材となります。

 

2017年 1月号・最新問題とニュース解説

朴大統領の弾劾訴追案可決 <国際情勢>

  2016年12月9日、韓国国会は野党と無所属議員が提出した朴槿恵大統領の弾劾訴追案を可決したが、朴大統領の説明で間違っているものはどれか、①~④から選べ。

① 任期は5年で、2018年2月で任期満了となる。
② 民主党に所属している。
③ 韓国初の女性大統領である。
④ 朴槿恵大統領の両親は暗殺されている。

  2016年12月9日、朴槿恵大統領の友人、崔順実被告の国政介入疑惑問題で韓国国会は、野党と無所属議員が提出した朴大統領の弾劾訴追案を可決。朴大統領の職務権限は同日中に停止した。黄教安首相が代わりに大統領の職務を遂行することになる
  憲法裁判所は180日以内に弾劾の可否を審理し、9人いる裁判官のうち6人以上が賛成すれば弾劾が成立して大統領は罷免される。賛成が5人以下なら大統領は職務に復帰する。弾劾が成立すると、60日以内に大統領選が実施されるが、再選挙により任期は次期大統領が就任するまでの間のみとなる。

プーチン大統領来日 <政治/経済>

  2016年12月15日、ロシアのプーチン大統領が来日し安倍晋三首相と会談したが、北方領土の説明で間違っているものはどれか、①~④から選べ。

① 北方領土とは歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の四島を指す。
② 日本側は、北方四島は日本人によって開拓され、住みついたと主張している。
③ 北方領土には第二次世界大戦終了当時には約1万7000人の日本人が住んでいたが、ほとんどが引き揚げて、現在は約50人が住んでいる。
④ 第二次世界大戦終了直後、当時のソ連軍によって占領されてしまった。

  2016年12月15日、ロシアのプーチン大統領が来日し、山口県長門市で安倍晋三首相と会談した。16日には東京の首相官邸でも会談が行われ、会談終了後、両首脳はそろって記者会見した
  北方領土での共同経済活動に関する交渉を進めることで合意したと発表。漁業、海面養殖、観光、医療、環境などの分野を挙げて、両政府の関係省庁に協議を開始するよう指示した。しかし、北方領土問題に関する日露の立場の隔たりは大きく、進展はなかった。

配偶者控除の見直し <政治/経済>

2016年12月2日、自民・公明両党の税制協議会は配偶者控除の見直しで一致した。配偶者の年収制限はいくらに引き上げられるか、①~④から選べ。

① 103万円
② 150万円
③ 180万円
④ 201万円

  2016年12月2日、自民・公明両党の税制協議会は配偶者控除の見直しで一致した。配偶者の年収制限を現行の「103万円以下」から「150万円以下」に引き上げる。さらに、150万円を超えても「201万円以下」までは控除の一部を受けられる仕組みも設ける
  一方、世帯主の年収制限を新設し、1220万円を超える高所得の世帯は控除対象から外す。ただし、高所得世帯の手取りが急減するのを避けるため、3段階の控除を設ける。世帯主の年収が1120万円までは38万円とし、1120万円を超えると26万円、1170万円超は13万円と段階的に控除額を減らし、1220万円を超えると控除対象外とする。18年1月から実施する方針。

DeNAが運営する情報サイト閉鎖 <情報/社会>

  2016年12月7日、DeNAが運営する情報サイト「WELQ」の「記事の根拠が不明確」だったとして公開を中止した問題で、DeNAは記者会見し陳謝したが、このような「インターネット上の情報を収集し整理整頓してまとめたサイト」のことを何と呼ぶか、①~④から選べ。

① フリマサイト
② ユーチューブサイト
③ キュレーションサイト
④ ソーシャルギフトサイト

  2016年12月7日、DeNAは運営する医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」に対して、約1カ月前から「記事の根拠が不明確」などの指摘が相次ぎ公開を中止した問題で記者会見を開き陳謝した。DeNAはファッション情報の「MERY(メリー)」など全10サイトの公開も停止した
  WELQは健康情報、医療情報も扱っている。記事は外部筆者が執筆しており、記事の事実誤認や画像の無断転用など著作権侵害も指摘されている。他の大手キュレーションサイトも続々と閉鎖している。

豊洲市場移転問題 <環境/科学>

  2016年11月、小池百合子東京都知事は、豊洲市場への移転環境が整うのは17年の冬から18年の春という見通しを発表したが、豊洲市場をめぐる問題で次のうち間違っているものはどれか、①~④から選べ。

① 豊洲市場は築地市場の老朽化に伴い建築が進められ、16年11月に移転が行われる予定だった。
② 豊洲市場は東京都江東区の東京電力跡地に建設された。
③ 豊洲市場では安全対策として土の入れ替えなどが行われる予定だったが、建物下で専門家の提言した「盛り土」が行われていなかった。
④ 豊洲市場の整備費は11年に3926億円と公表されていたが、16年3月にはそこから約2000億円増えている。

  2016年11月、小池百合子東京都知事は、豊洲市場への移転環境が整うのは17年の冬から18年の春という見通しを発表した。豊洲市場をめぐる調査ではさまざまな問題点が明らかになっている。土壌汚染対策として専門家が提言していた「盛り土」が行われず、地下には配管などを点検するための巨大な空洞が設けられていたことが判明。また、不透明な費用をめぐる問題も浮上している
  市場移転問題にとどまらず、都の組織としてのあり方も問われている。

問1  ②  (保守のセヌリ党。1997年にハンナラ党として結成され、2012年2月13日に現在の党名に改称された)

問2  ③  (現在、日本人は一人も住んでいない)

問3  ②  (1位はフランスで、8400万人以上と他国に大きく差をつけている。2位は米国、3位はスペイン)

問4  ③  (年収制限の引き上げで約300万世帯が減税の恩恵を受ける見通し)

問5  ②  (東京電力ではなく東京ガスの跡地。豊洲市場は築地市場の約2倍の約40ヘクタールの規模となる)

 

問題をダウンロード

過去の「月刊 最新時事問題」をPDFでダウンロードできます。授業のサポートにご利用ください。

※問題をダウンロードするには、会員登録が必要です。

会員登録はこちらから。

すでに会員登録をしているかたは、こちらからログインしてください。

ダウンロード